リンゾウ的FF11&新生FF14感想文

リンゾウのMMO奮闘記

 
プロフィール

リンゾウ

Author:リンゾウ
2013年3月よりFF11に興味を持ち参加しました。10年以上続いているMMOに興味を持ちました。新生FF14との比較、MMOの楽しさをお伝えしていければと思います!

スポンサードリンク
カテゴリ
相互リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF11と新生FF14の比較(ジョブ編)その2


↑いつも訪問ありがとうございます。
みんなのポチポチが更新の力になっています♪





リンゾウです。


先程、

ふとランキングを確認したら、、、

ランキング

恐らく、

ここがリンゾウブログの
ピークでしょう(^_^;)

驚きました。。。


ご訪問いただき
ありがとうございます!


リンゾウのブログは
特に優れた攻略情報が
あるわけではありませんが、

FF11とFF14を比較したり、
たま~に雑談などがあります。


これからも
宜しくお願いします(*゚▽゚*)


FF14の相互リンク等も
お気軽にご依頼下さい♪



リンゾウは、
MMOを始めて
半年ほど経ちました。


MMOを実際にやってみて、、、、

様々な方と話してみて、、、


思ったことは、
MMOがライフスタイルの1つとして
浸透しているんだなということです。



要は、
旅行にいくかわりに
MMOで冒険に行ったりと、

リアルとバーチャルが
混合してきている感じです。


そういえば、
モンスターハンターでは、

2011年夏、
長野県信州渋温泉と、

リアル拠点「モンハン 渋の里」

としてコラボしていますね。


この「聖地巡礼」の
経済効果は108億円。

参加人口は151万人を
超えたそうです。


ゲームからリアルが
活性化することもあり、
面白いですね~!( ̄▽ ̄)



さて、前置きは長く
なりましたが(汗)、、、



本日は、

FF11と新生FF14の
ジョブを比較して
リンゾウの独断と偏見で
書いてみよう!


の第2回目です( ̄▽ ̄)<キラーン☆



第1回目はこちら
⇒FF11と新生FF14の比較(ジョブ編)その1



第2回目は、
雑談が長引きましたので、

戦士、召喚士の
2ジョブについてです。


良かったら最後まで
お付き合い下さい!


※あくまでもリンゾウの
個人の感想になります。
ご了承ください!


※リンゾウ自身は
育てていないジョブなので
不備があればご指摘下さい♪





戦士


FF11の戦士

FF11 戦士

あらゆる武器を使いこなす
武器のスペシャリストです。

その使用武器の豊富さは
リンゾウも羨ましいです。(´・ω・`)


その反面、
スキル上げが大変のようですw


FF11では、
スキルを上昇させないと
大した威力にはなりません。


ですので、
スキル上げは
かなり大変です(´;ω;`)



戦士の歴史を調べて見ると
非常に興味深いのが
サポートジョブなど
の推移でしょう。


なお戦士は、
ナイトが実装されるまでは
盾ジョブとしての役割が
主だったようです。


最初は、

両手棍でサポ白が
主流だったようです。

サポ白でソロのレベル上げや、
PT戦でのケアルガでタゲ取り、
両手棍は連携〆のためだったとか。


その後、
サポモンクで格闘で
乱擊連携へと移行したとか。


これを見ると当時は
連携が主体だったのかしら。。。

今は連携狙いは見られないですねー。


ジラート時代はサポ侍で
ペンタスラストが主流になりました。


しかし、その後は両手斧にw


開幕シールドブレイクという
回避ダウンの技の有効性が広まり、
浸透したそうです。( ̄ー ̄)


この回避ダウン技のお蔭で
PTの誘いには困らなかったそうな。


年月が経つと、
忍者が実装されサポ忍者が
浸透し始めました。。。


空蝉の術という
単体攻撃を3回無効化する
魔法が浸透したためです。


また二刀流も浸透し、
両手武器である両手斧は衰退、
今度は片手斧が浸透したようです。


2007年8月、
両手武器が大幅に強化され
両手斧が、また表舞台に!


時代は流れ、、、

カウンター効果のあるアビリティ
リタリエーションが追加され、
サポ踊でのソロなどで
活躍している。


また、現在は、
パワープレイに頼る
戦術が浸透しているため、

PT戦ではサポ侍や
サポ忍が多いようです。


戦士の歴史を見ていくと、
時代に順応したスタイルに
移り変わって面白いですね。

しかし、
11年の歴史はスゴイです。

これでもかなり
割愛していますw


興味のある方は、
良かったら個人で
歴史を調べてみてください♪




新生FF14の戦士

新生FF14 戦士

新生FF14での戦士は
盾役(タンク)です。

基本HPは、ナイトより高いです。

また、ナイト以上に
敵視を上げやすいと思います。


ただ、
純粋な防御スキルが
フォーサイトひとつです。

攻撃力の高い敵には、
手厚いPTのサポートが
必要になるかと思います。



攻撃に関しては、
戦士の方がナイトより上です。


①忠義の剣ナイト
DPS:157.24 測定時間:90秒 測定時間内ダメージ総計:14152
②忠義の盾ナイト
DPS:112.03 測定時間:94秒 測定時間内ダメージ総計:10531
③ディフェンダー無し戦士
DPS:165.00 測定時間:95秒 測定時間内ダメージ総計:15675
④ディフェンダー有り戦士、原初の魂未使用
DPS:122.37 測定時間:97秒 測定時間内ダメージ総計:11870
⑤ディフェンダー有り戦士、原初の魂使用(ラースV溜まった時点で即撃ち)
DPS:134.48 測定時間:94秒 測定時間内ダメージ総計:12641

参考:
http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/1027253/blog/215976/


吉田Pも言っていましたが、
リンゾウ自身も戦士さんは
かなり強いと思っています!






召喚士


FF11の召喚士

FF11 召喚士

2003年04月15日の
バージョンアップで追加された、
エキストラジョブの一つです。


実装当初は、

・履行が1分に1回。
状況に応じて使用法を
変化することが難しかった。


・召喚獣の命中が低くかった。

・召喚獣を呼ぶと
維持費の消費が激しく、
戦闘中にずっと呼び出した
ままであることは難しかった。

・そもそも、召喚ジョブ取得の
クエストアイテム「カーバンクルの紅玉」の
入手のためにリーチの取り合いがあった。

・カーバンクルを除く神獣との契約は、
Lv60以上のジョブを持ってないと
不可能に近かった。

などなど、

入手難度も高く、
使い勝手も悪かったようです。


MPが多いのケアルタンクとして
かなり不遇な時代が続いた
ようですね。(^_^;)


しかし、

2004年9月14日の
バージョンアップから
徐々に強化されました。


特筆すべきは、

召喚獣「アレキサンダー」
を使った「絶対防御」ですね。

絶対防御」とは、
被ダメージを軽減し、
さらに弱体魔法に対して
強力な耐性を得た状態。


MPが満タンに近い場合は、
90%ほどダメージをカットし、
強烈な耐性を得ることができるため
ほとんどの攻撃を無力化出来たそうです。


ですので、

絶対防御中にアタッカーで
タコ殴りにして火力で押し切る
絶対防御戦法が流行ったようです。


そのため、、、

絶対防御は
90秒⇒30秒+α 
へ修正されています。


リンゾウの召喚との
思い出としては、

デュナミスというコンテンツで
召喚士タイプの敵が使ってくる
アストラルフロウでしょうかw

凄まじい威力で
即死もしばしば。
よく倒されました゚(゚´Д`゚)゚

物凄い広範囲で
驚きましたよ・・・。



余談ですが、

「召喚」は、

1983年以降に定義された
日本の西洋儀式魔術用語が
一般化したものだそうです。


陰陽師


一部書籍では、
映画でも取り上げられた
安部晴明のような「陰陽師」も
「召喚士」として扱われます。


ですので、

どこまでを「召喚士」と
呼ぶのかは定かでは
ありません。


この「安部晴明」は、

蛇や鳥など小動物をあやつる
「呪術」を得意としていた
ようですからね。(^_^;)


昔、

手をこすり合わせて手垢を
出している人もいましたが、、

彼らも召喚士と
呼べるかもしれません。




新生FF14の召喚士

FF14召喚士

3種類の召喚獣「エギ」を使いこなす。

「タイタン・エギ」
⇒ タンクタイプ

「ガルーダ・エギ」
⇒ 魔法タイプ

「イフリート・エギ」
⇒ ファイタータイプ


またDPSでありながら、

回復能力が高めで、
リザレク(=レイズ)が可能
など他DPSにはない
能力を持ちます。


そして、
DOT能力も非常に高いです。


召喚士は、
弓術士のLv4「猛者の擊」を
アディショナルスキルに
入れることができます。


これはDOTにも乗ります。


「ミアズマバースト」などと
合わせるとDOTだけで
モリモリと削ってしまう
恐ろしい能力を秘めています・・!


召喚獣は今後も
追加されるでしょうし、

個人的にはかなり
ヤバめの強ジョブになると
思っています( ̄▽ ̄)



余談ですが、

新生FF14でPT中にも
会話で出てくるほど
有名な「むーたん」という
用語があります。


発端は、召喚士のようです。( ̄▽ ̄)



召喚さんが、

「よろしくです~。
こっちはペットのむーたんです。
むーたんはとってもいい子(以下略)」

と挨拶したことがきっかけとか。


とても和んだようで、
「むーたん」が広まったようですw


やはり召喚獣にも
愛着を持っている方も
いるんですね~。(´∀`)


リンゾウもFF11で獣使いという
ペットジョブをやっていますので、
気持ちがよくわかります。


獣のペットは、敵を倒した後に
一目散に私に向かってくる所が
とっても可愛いんです(*゚▽゚*)


餌をあげたくなっちゃいます♪



第1、3、4回目はこちら
⇒FF11と新生FF14の比較(ジョブ編)その1
⇒FF11と新生FF14の比較(ジョブ編)その3

⇒FF11と新生FF14の比較(ジョブ編)その4






↑いつも訪問ありがとうございます。
みんなのポチポチが更新の力になっています♪
スポンサーサイト

テーマ : FINAL FANTASY XIV
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

No title

さすがリンゾウさん、
半年で2位まで来るだなんて驚きです。
既に1位を脅かす存在にまでブログが成長をしているとは・・・

戦士のジョブ比較、大変おもろかったですw
確かに昔は連携主体の時代もありました。
連携⇒MBがダメージの中心になってるなんて
今では考えられないですよねw
それにしてもFF14の戦士は強いんですね!
ナイトより盾向き?でさらに攻撃力もあるだなんて、、
ナイト必要なのかしら?(゜▽゜;)

コメント一覧

No title

>>としさん
こんばんは。

連携時代って本当にあったんですね。
私の感覚だと侍さんが1人連携する位の
イメージしかなかったです。

私もFF11の戦士の歴史を
調べてみて面白かったですね。


新生の戦士は吉田Pも認めてるほど強いですね~。
ナイトは防御力は戦士より高いので、
攻撃の激しい高難度のコンテンツでは
有利みたいです。
   
今のリンゾウのブログの順位は?
最新記事
人気記事
最新コメント
FF11アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。